mypace

個人で旅する時代〜自分で計画する海外旅行情報発信ブログ〜

旅行 日本

秘境!”奥大井湖上駅”と寸又峡”夢の吊り橋”|行き方・見どころなど観光情報を徹底解説!

皆さん、こんにちは

 

南アルプスの麓、静岡県の川根本町にある秘境 ”奥大井湖上駅”

エメラルドブルーの湖にまるで小さな島の上にぽつんと佇む駅です

 

湖上駅から徒歩15分ほどの展望台からは、湖上駅の美しい姿を見ることができます

最近では、珍しく美しい景色のためフォトジェニックなスポットとして人気を集めています

 

そして奥大井湖上駅から車で30分ほどの寸又峡温泉には、ブルーに輝く湖の上にかかる吊り橋「夢の吊り橋」があります

夏は新緑に映えるブルーの湖、秋は紅葉がとても美しいスポットでこちらも大変な人気を集めています

 

奥大井湖上駅と寸又峡・夢の吊り橋へのアクセスは、クルマや電車、そして車+電車の組み合わせなど様々あります

皆さんの旅行に最適なアクセス方法を後半で紹介しています

 

今回は、奥大井湖上駅と夢の吊り橋への行き方・見どころといった観光情報を徹底的にご紹介します!

 

 

奥大井湖上駅 見どころ

奥大井湖上駅は大井川鐡道井川線(南アルプスあぷとライン)の駅で、入り組む渓谷の出っ張った場所に無人駅があり、その両側には大井川にかかる鉄橋があります

まるで駅が湖の上に浮かんでいる島の上あるようで、日本の中でもとても珍しい光景です

 

奥大井湖上駅は、かつてはダムの建設資材を運ぶために利用され、人通りも多くありました

現在では周辺に民家はなく、無人駅となっています

 

奥大井湖上駅には小さな神社があるだけで、売店や自動販売機はないので水分はあらかじめ手にしておきましょう

 

奥大井湖上駅からは進行方向側(北側)の鉄橋を渡ることができ、徒歩20分ほどで奥大井湖上駅を眺めることができる展望台へアクセスすることができます

展望台からは、エメラルドブルーに輝く湖の上にかかる2本の橋と中央に位置する湖上駅を眼下に見ることができます

 

せっかくですので、湖上駅に列車が近づくのを待って景色をゆっくり眺めていきましょう

列車は1時間に1本程度運行されていますので、予め時刻表の奥大井湖上駅出発時刻を確認しておきましょう

 

時刻表:南アルプスあぷとライン 奥大井湖上 を確認

 

夢の吊り橋 見どころ

静岡・南アルプスの麓にある寸又峡温泉から徒歩30分の場所にある夢の吊り橋

長さ90mに及ぶ「夢の吊り橋」は、大井川の支流である「寸又川」にあるエメラルドグリーンに輝くダム湖の上にかかっています

 

美しい湖の色と新緑に掛かる長い吊り橋は、奥大井湖上駅と並んでとても美しい光景であり、「死ぬまでに一度は渡りたい吊り橋」といわれています

新緑のシーズンは湖のエメラルドグリーンがよく映え、秋の紅葉シーズンは色づいた紅葉と美しい湖面を見ることができます

 

春の新緑や秋の紅葉といったベストシーズンは大変に混み合います

そのため、寸又峡温泉に一泊して朝一番で散策するのをおすすめします

 

アクセス 奥大井湖上駅

奥大井湖上駅は、大井川鐡道の終点「井川駅」の手前に位置します

そのためアクセスには、全行程鉄道利用/クルマ利用も良いですが、クルマ利用の場合は大井川鐡道の途中駅から鉄道でアクセスするのも旅の思い出に良いと思います

 

1. 全て鉄道~在来線+SL+トロッコ~

全て鉄道移動の場合は乗り換えが複数回あり、かなり大変です

クルマを持っていない場合は、全て鉄道で移動し寸又峡温泉で一泊するか、日帰りバスツアーを利用することをおすすめします

 

① 新幹線~在来線「金谷駅」

② SL/普通:金谷駅~千頭駅

③ トロッコ:千頭駅~奥大井湖上駅

 

① 新幹線~在来線「金谷駅」

東海道新幹線「掛川駅」/「静岡駅」で在来線(東海道本線)に乗り換え、「金谷駅」で下車します

<掛川駅~金谷駅> Googleマップで見る

 

<静岡駅~金谷駅> Googleマップで見る

 

② SL/普通:金谷駅~千頭駅

普通電車:金谷駅で大井川鉄道本線に乗車し、本線終点「千頭駅」で下車します

SL:新金谷駅で普通電車をいったん下車し、SLに乗り換えで本線終点「千頭駅」で下車します

 

<金谷駅~千頭駅> Googleマップで見る

 

大井川鐡道本線のSL列車の乗車は予約申込が必要です

大井川鐡道の公式サイトから予約できます ↓

http://oigawa-railway.co.jp/mailform/sl/f-sl-irai.html

 

※普通電車は、当日切符購入で乗車可能です

時刻表:普通電車SL

 

③ トロッコ:千頭駅~奥大井湖上駅

千頭駅から大井川鐡道井川線に乗り換え、奥大井湖上駅で下車します

進行方向(北方向)のレインボーブリッジを渡り徒歩で移動すると、展望台へ到着します

 

<千頭駅~奥大井湖上駅> Googleマップで見る

 

※切符は、当日購入可能です

時刻表:井川線(南アルプスあぷとライン)

 

2. すべてクルマ

奥大井湖上駅まですべてクルマでアクセスするルートをご紹介します

奥大井湖上駅の駐車場は10台ほどしか停められないため、朝早くに行くことをおすすめします

 

東京方面から:新東名高速道路「静岡スマートIC」を降りて、国道362号線を1時間北上します

<静岡スマートIC~奥大井湖上駅駐車場> Googleマップで見る

 

名古屋方面から:新東名高速道路「島田金谷IC」を降りて、大井川を1時間北上します

<島田金谷IC~奥大井湖上駅駐車場> Googleマップで見る

 

奥大井湖上駅駐車場へは、「不動トンネル」を出て150m先の右手にあるV字に曲がった下り道を降ります

不動トンネルを出て小さなお社が見えてきた手前にありますので、減速して見失わないようにしましょう

 

<不動トンネル北側> Googleマップで見る

 

3. クルマ+トロッコ

大井川鐡道井川線「千頭駅」からはトロッコ列車が運行されています

また千頭駅前の道の駅「音戯の郷」は、土日祝日やイベント開催時に臨時駐車場が開設されるので、トロッコ列車に乗りたい場合は千頭駅から乗車するのが便利です

 

① クルマ:~千頭駅

② トロッコ:千頭駅~奥大井湖上駅

 

① クルマ:~千頭駅

東京方面から:新東名高速道路「静岡スマートIC」を降りて、国道362号線を1時間北上します

<静岡スマートIC~千頭駅> Googleマップで見る

 

名古屋方面から:新東名高速道路「島田金谷IC」を降りて、大井川を1時間北上します

<島田金谷IC~千頭駅> Googleマップで見る

 

② トロッコ:千頭駅~奥大井湖上駅

千頭駅から大井川鐡道井川線に乗り、奥大井湖上駅で下車します

進行方向(北方向)のレインボーブリッジを渡り徒歩で移動すると、展望台へ到着します

 

<千頭駅~奥大井湖上駅> Googleマップで見る

 

※切符は、当日購入可能です

時刻表:井川線(南アルプスあぷとライン)

 

4. クルマ+SL+トロッコ

大井川の下流にあたる新金谷駅からは、土日祝日にSL列車が運行されています

SL列車に乗る場合は、新金谷駅まで車でアクセスします

 

SL列車の走る土日祝日には、新金谷駅前に臨時駐車場が開設されます

SL列車の発車時刻30分前には、新金谷駅に到着しておきましょう

 

① クルマ:島田金谷IC~新金谷駅

② SL:新金谷駅~千頭駅

③ トロッコ:千頭駅~奥大井湖上駅

 

① クルマ:島田金谷IC~新金谷駅

新金谷駅へのアクセスは、新東名高速道路「島田金谷IC」を降りるのが便利です

 

<島田金谷IC~新金谷駅> Googleマップで見る

 

② SL:新金谷駅~千頭駅

新金谷駅からSL列車に乗車し、本線終点「千頭駅」で井川線(南アルプスあぷとライン)に乗り換えます

 

<新金谷駅~千頭駅> Googleマップで見る

 

③ トロッコ:千頭駅~奥大井湖上駅

千頭駅から大井川鐡道井川線に乗り、奥大井湖上駅で下車します

進行方向(北方向)のレインボーブリッジを渡り徒歩で移動すると、展望台へ到着します

 

<千頭駅~奥大井湖上駅> Googleマップで見る

 

※切符は、当日購入可能です

時刻表:井川線(南アルプスあぷとライン)

 

アクセス 夢の吊り橋

夢の吊り橋は、奥大井湖上駅からほど近い寸又峡温泉にあります

大井川鉄道からは、千頭駅/奥泉駅を起点にアクセスします

 

1. 全て公共交通機関

全て鉄道移動の場合は乗り換えが複数回あり、かなり大変です

クルマを持っていない場合は、全て鉄道で移動し寸又峡温泉で一泊することをおすすめします

 

① 新幹線~在来線「金谷駅」

② SL/普通:金谷駅~千頭駅

③ 路線バス寸又峡線:千頭駅前~寸又峡温泉

 

① 新幹線~在来線「金谷駅」

東海道新幹線「掛川駅」/「静岡駅」で在来線(東海道本線)に乗り換え、「金谷駅」で下車します

<掛川駅~金谷駅> Googleマップで見る

 

<静岡駅~金谷駅> Googleマップで見る

 

② SL/普通:金谷駅~千頭駅

普通電車:金谷駅で大井川鉄道本線に乗車し、本線終点「千頭駅」で下車します

SL:新金谷駅で普通電車をいったん下車し、SLに乗り換えで本線終点「千頭駅」で下車します

 

<金谷駅~千頭駅> Googleマップで見る

 

大井川鐡道本線のSL列車の乗車は予約申込が必要です

大井川鐡道の公式サイトから予約できます ↓

http://oigawa-railway.co.jp/mailform/sl/f-sl-irai.html

 

※普通電車は、当日切符購入で乗車可能です

時刻表:普通電車SL

 

③ 路線バス寸又峡線:千頭駅前~寸又峡温泉

千頭駅前からは路線バス「寸又峡線」が出ています

終点の寸又峡温泉から徒歩10分ほどで夢の吊り橋に到着です

 

<千頭駅前~寸又峡温泉> Googleマップで見る

 

時刻表:路線バス「寸又峡線」

 

2. クルマでアクセス

寸又峡温泉・夢の吊り橋までクルマでアクセスするルートをご紹介します

寸又峡温泉には廃校の大間小学校や町営の無料駐車場があり、土日祝日は臨時駐車場も解放されるので駐車場に困ることはありません

 

東京方面から:新東名高速道路「静岡スマートIC」を降りて、国道362号線を1時間20分北上します

<静岡スマートIC~寸又峡温泉> Googleマップで見る

 

名古屋方面から:新東名高速道路「島田金谷IC」を降りて、大井川を1時間北上します

<島田金谷IC~寸又峡温泉> Googleマップで見る

 

寸又峡温泉~奥大井湖上駅 間のルート

寸又峡温泉に一泊するなら、奥大井湖上駅へは路線バスと大井川鉄道井川線を利用します

クルマ移動なら30分くらいでアクセスできます

 

公共交通機関でアクセス

寸又峡温泉から路線バス「寸又峡線」で井川線の「奥泉駅」までアクセスし、

井川線のトロッコ列車に乗って奥大井湖上駅にアクセスします

 

時刻表:路線バス「寸又峡線」、井川線(南アルプスあぷとライン)

 

クルマでアクセス

寸又峡温泉からは奥泉まで下り、大井川を北上するルートを進みます

Googleマップで見る

スポンサーリンク

人気記事

1

海外旅行にはどんな持ち物が必要なのか各旅行会社のサイトなどをご覧になって確認されていることと思います。本記事では、「旅行会社サイトには載っていない」・「載っていても具体的に何を買えばよいのかよくわからない」便利グッズを紹介していきます。これから紹介するものを持っていけば、旅も一歩上を行くことができますよ!

2

ここ10年ほどでスマホが急速に普及し、さまざまなアプリも登場し生活を便利にしてくれています。海外旅行でも同様、スマホアプリのおかげでなかなか入りづらい海外情報・旅行情報が手に入るため、より便利で快適な旅行のサポートをしてくれています。本記事では、海外旅行をするときに入れておいて良かった・役に立った便利なスマホアプリをご紹介します。

3

今の時代、家族・友人との連絡、Googleで調べものは日本で当たり前にできているけど…海外で使えないとなると途端に不安になりますよね。でも、これからお話しする方法を見れば、きちんとスマホを使うことができるようになります。またお得情報をご紹介します。

4

海外旅行では、日本で生活しているときよりも、クレジットカードを使う機会が増えます。どんなクレジットカードを持っていくのがよいのか、迷っている方もいると思います。本記事では、海外旅行におすすめのクレジットカードを厳選してご紹介します。

-旅行, 日本
-

Copyright© mypace , 2020 All Rights Reserved.